カートをみる

とものいえプロジェクト  カートの家新築工事編

  • とものいえプロジェクト  カートの家新築工事編

    2年前に我が家にやってきた、番犬カート。
    生後4ヶ月にしては体は大きめ?だったので、
    我が家の大工さんが、その後の成長も見越して大きい小屋を作ってくれました。
    それが、2014年1月のことです。

    その後、私たちの予想をはるかに超えて、カートはどんどん大きくなってしまいました。

    カートは、入り口を周りの木をかじって、広げていました。
    小屋に入っていても、いつも体の一部がはみ出ていました。
    体が大きくなりすぎて、とても窮屈そうに見えました。

    いつ頃からか「カートに新しいお家が必要だね」と。

    昨年末、大掃除もまだ終わらない12月末。
    我が家の男子3人が意を決して「カートの家を新築する」と宣言!

    家の大きさを決めたのは長男
    「カートは大きいから、家も大きくしてあげよう!」
    骨組みを作ったのは、我が家の大工さんですが、
    鮭箱の解体や、壁や屋根の板貼りは息子たちが頑張りました。

    2年前は表札を作って取り付けるだけでしたが、
    今回は計画から完成まで、丸1日かけて、男3人でやり遂げました!

    「できたよ!見てごらん、すごいでしょ!」
    「今度の家は広くてあったかいんだよ!」
    「俺ら2人とカートが入れるくらい広いんだよ。ママも入ってごらんよ」
    「カート、めっちゃ喜ぶだろうね」
    「早く、新しいお家に替えてあげよう!ママ、手伝って!!」
    興奮冷めやらぬ息子たち。

    作業場からリヤカーに乗せ、カートの小さくなった小屋を撤去し、新築のお家を備え付けたのが30日でした。
    息子たちも私も、カートは喜んでくれるものと思い込んでいました…

    ところが…カートが新しい家に入らない!のです。
    それどころか、近寄ろうともしない。
    外は寒いのに、外で体を丸くしてうずくまってる。
    …明らかに避けている。何で?

    「実は…犬って、急に環境を変えたらダメなんだよね…」と呟く声が…

    「マジ?だったら、新築しても意味ないじゃん!!」
    「でも、今後のことを考えると変えておいたほうがいい」
    「じゃあ、どうしたらいい?」

    みんなで考えて、前の小屋で使っていた木を新しい家に貼ってみたり、
    ご飯や水を新しい家の中に置いてみたり。

    試行錯誤した結果、1週間後の1月6日にようやく自ら家に入ってくれました!
    ふぅ。
    みんな一安心。
    カートよかったね。

    Michiko









  • 鮭箱解体中の小1(次男)
    鮭箱解体中の小1(次男)
  • 鮭箱を貼る小3(長男)
    鮭箱を貼る小3(長男)
  • 結構、本格的です。
    結構、本格的です。
  • 屋根ができました!
    屋根ができました!
  • ん?なにやってるのかな?
    ん?なにやってるのかな?
  • 表札の取り付けでした!
    表札の取り付けでした!
  • 完成!長男次男が入っても、まだ余裕がありました!
    完成!長男次男が入っても、まだ余裕がありました!
  • リヤカーに乗せて、運びます。
    リヤカーに乗せて、運びます。
  • 小さくなった小屋をずらして、定位置に置きました。
    小さくなった小屋をずらして、定位置に置きました。
  • 「何だ、アレは?」と怪訝そうなカート
    「何だ、アレは?」と怪訝そうなカート
  • 小屋の前で記念撮影
    小屋の前で記念撮影
  • 2年前にカートが我が家にやってきたときの写真です。長男次男、カートともに小さい!
    2年前にカートが我が家にやってきたときの写真です。長男次男、カートともに小さい!
2年前に我が家にやってきた、番犬カート。
生後4ヶ月にしては体は大きめ?だったので、
我が家の大工さんが、その後の成長も見越して大きい小屋を作ってくれました。
それが、2014年1月のことです。

その後、私たちの予想をはるかに超えて、カートはどんどん大きくなってしまいました。

カートは、入り口を周りの木をかじって、広げていました。
小屋に入っていても、いつも体の一部がはみ出ていました。
体が大きくなりすぎて、とても窮屈そうに見えました。

いつ頃からか「カートに新しいお家が必要だね」と。

昨年末、大掃除もまだ終わらない12月末。
我が家の男子3人が意を決して「カートの家を新築する」と宣言!

家の大きさを決めたのは長男
「カートは大きいから、家も大きくしてあげよう!」
骨組みを作ったのは、我が家の大工さんですが、
鮭箱の解体や、壁や屋根の板貼りは息子たちが頑張りました。

2年前は表札を作って取り付けるだけでしたが、
今回は計画から完成まで、丸1日かけて、男3人でやり遂げました!

「できたよ!見てごらん、すごいでしょ!」
「今度の家は広くてあったかいんだよ!」
「俺ら2人とカートが入れるくらい広いんだよ。ママも入ってごらんよ」
「カート、めっちゃ喜ぶだろうね」
「早く、新しいお家に替えてあげよう!ママ、手伝って!!」
興奮冷めやらぬ息子たち。

作業場からリヤカーに乗せ、カートの小さくなった小屋を撤去し、新築のお家を備え付けたのが30日でした。
息子たちも私も、カートは喜んでくれるものと思い込んでいました…

ところが…カートが新しい家に入らない!のです。
それどころか、近寄ろうともしない。
外は寒いのに、外で体を丸くしてうずくまってる。
…明らかに避けている。何で?

「実は…犬って、急に環境を変えたらダメなんだよね…」と呟く声が…

「マジ?だったら、新築しても意味ないじゃん!!」
「でも、今後のことを考えると変えておいたほうがいい」
「じゃあ、どうしたらいい?」

みんなで考えて、前の小屋で使っていた木を新しい家に貼ってみたり、
ご飯や水を新しい家の中に置いてみたり。

試行錯誤した結果、1週間後の1月6日にようやく自ら家に入ってくれました!
ふぅ。
みんな一安心。
カートよかったね。

Michiko











instagram - とものいえ

about Gen&Co. Gen&Co.ゲンカンパニーとは?

ともにつくる Create together ともにそだてる Grow together ともにたべる Eat together ともにあそぶ Play together ともにすごす Stay together ともにたのしむ Enjoy togethe

Gen&Co.  ゲンカンパニーとは?

Gen&Co.は、「あるものを活かす」「ふたたび、手元へ」という理念のもと、「つくる」「そだてる」「たべる」「あそぶ」「すごす」「たのしむ」をプロデュースしていきます。

Gen&Co.は、メンバーで仕事や生活のスタイルについて話し合い、仕事を創ることや自分たちが大切にしたい暮らしをそれぞれのフィールドで実現し、お互いに応援してきました。

その進化の1つの形が、Gen&Co.なのです。

2013年 Gen&Co. ゲンカンパニー




What is Gen & Co. about?

Gen & Co. produces a better lifestyle by reviving what we have and bringing it back to our hands again. We care to create, grow, eat, play, stay and enjoy. 

The members  have been continuously discussed their preferred way of life and work. Little by little each of them has realized the lifestyle they wanted to appreciate, and creates work for themselves in the field of his or her specialty, while supporting each other.

This relationship has evolved into Gen & Co.

Gen & Co.   2013

PROJECT プロジェクト

Gen & Co. aims to connect the people, objects and local community by projects such as, renovation of an old farmer house to the activity hub, design/construction/supervision of houses and interiors by reviving what we have, creating new forms from the aged materials and scraps with full of stories, giving workshops to connect people while introducing our technics and knowledges and organizing artist-in-residence programs to let happen cultural exchanges between artists and the local community.

PROJECT CATEGORY プロジェクト カテゴリー

ゲンカンパニー  CONTACT お問い合わせ

お問い合わせはEメールにてお受け致しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。 

「とものいえ」見学をご希望の方は、事前にご連絡ください。

info@gencompany.net


ゲンカンパニー

〒061-1402 北海道 恵庭市春日94-1

Gen&Co.

94-1 Kasuga, Eniwa, Hokkaido 061-1402, JAPAN


ゲンカンパニー アムステルダム / Gen&Co. Amsterdam

Marco Polostraat 268-3, 1056DR Amsterdam, The Netherlands